第4巻


<<番外編   瑪瑙の予告状>>
朝、学校に登校した大助は日渡が欠席していることに気付く。そして帰り際に先生から日渡の様子を見てくるようにお願いされたので、日渡の家にお見舞いに行く。(冴原が大助に相談があったらしく一緒についてきた。)冴原が作ってくれたご飯を食べた後、大助は冴原の相談を聞く。(どうやら写真に写った女の子どこの誰なのか知りたかったらしい)
夜ダークは「AGANT LINKS」を盗みに美術館に入る。そこで冴原が言っていたあの女の子に会う。そしてその女の子に盗むのを1日遅らせてくれるよう頼まれたので1日待つことにする。翌日再び訪れたダークはそこで冴原に会う。(冴原はAGANT LINLSを守ることをその女の子に約束したらしい)そして冴原はAGANT LINKSを盗られないように必死に守り、死守する。しかし、その後気を失ってしまう。気絶していた冴原からAGANT LINKSをとり大助(いつの間にか大助に戻っていた)はその女の子(瑪瑙)に返そうとする。しかし大助を見た瑪瑙はうれしそうに微笑みそして消えていく。(瑪瑙という子は大助のおじいちゃんが怪盗をやっていたころ知り合った子らしい)





<<STAGE2   vol.1>>
ダークが「眠りの賢者」を盗みに来る。日渡は防犯カメラからその様子を見ていたが、その映像が偽物だということに気付き、さらに隣にいるのが変装したダークであることにも気付くが、ダークは難なく逃げることに成功する。(日渡にはまだがあるようだ・・・)
フェリーの中、大助は変な夢を見て目を覚ます。(起きた時に冴原を殴っちゃったみたい・・・)そして梨紅とお話している間に目的地に到着する。そして島に降りた瞬間大助は何かを感じる。(ダークも感じていたようだ)その後大助は灯台に行きそこに飾ってある「永久の標」を盗むために予告状を書く。(ここでさっき見た変な夢を思い出す。)その帰り梨紗の友達から薬を渡され、梨紗の部屋に持っていくように頼まれる。仕方なく大助は梨紗の部屋まで薬を持っていくと梨紗が「話があるから部屋に入って」と言ってくる。そして本当に梨紅のことが好きなのかと聞かれる。しかし、タイミング悪く梨紅が部屋に入ってくる。(大助と梨紗は隠れたから見つからなかったけど、この状態で見つかってたらヤバヤバだったかも)そして梨紅が部屋を出て行った後、梨紗と大助は隠れていた場所から出ようとしたが・・・出るときにちょっと失敗てしまう。さらに悪いことに、また梨紅が部屋に入ってきたのでその光景を見られてしまい、そして誤解を招いてしまう・・・。大助は必死に梨紅に説明するが梨紅は走って行ってしまう・・・。この瞬間大助はダークに変身する





<<STAGE2   vol.2>>
永久の標」を盗むために灯台にやってきたダークは、待ち伏せしていた日渡と出会う。しかしダークは日渡に構わず逃げようとしたが、日渡が何かしたせいでダークが鏡の中に捕らえられてしまう。(どうやらこの前盗んだ「眠りの賢者」は二つあり一方がもう一方を呼び合うらしい。その結果もう一方を持っていた日渡に捕らえられてしまったらしい)そして、日渡が大助(ダークが捕らえられたため大助に戻った)に近づいた瞬間、日渡の中に潜んでいたクラッドが姿を現す。そして大助の事を殺そうとする・・・。





<<番外編   >>



→もどります
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット